2016.05.02

堀江美佳

紙製ファイル

山に自生する雁皮を収穫し一切機械を使わずに和紙をつくる、和紙作家の堀江美佳さんにご用途をおしえていただきました。

用紙
ビオトープGA-FS ミッドナイトブルー 四六判Y目 170kg
用途
展示会用パッケージ
選んだ理由
環境に良い森林認証紙である事と、生成りの和紙を美しく見せる気品がある色が決め手となりました。(堀江美佳さん)
印刷加工
抜き
竹尾の紙製A4ファイルイージーオーダーを利用。
デザイン
堀江美佳
関連イベント

Mika Horie Exhibition “Paper Making Vol.1”

会期
2016年4月26日(火) ~ 5月7日(土) ※5月2日(月)休館
会場
喫茶葦島
京都市中京区三条河原町東入大黒町37文明堂ビル5階
TEL 075-241-2210
概要
生成りの雁皮紙に五本の糸を漉き込んで、五線の作曲楽譜に見立てた作品『奏でる紙』を展示。
葉書サイズ(1,800円限定50点)も販売。

関連キーワード

シェアする

関連記事

関本明子

「ヒトツブカンロ」パッケージ ヒトツブのしずくとマチュアグミ

MASAZIRO

ボウタイのパッケージ

高野竹工

酒器のパッケージ