2013.03.15

嶋田瑠美子

PAPER PLANET

多摩美術大学 美術学部 グラフィックデザイン学科の嶋田瑠美子さんに、卒業制作をご紹介いただきました。

用紙
ホワイトピーチケント 四六判T目 90kg
用途
卒業制作
選んだ理由
紙は平面的な素材だが、加工すると立体となる。そして立体となった紙が光を受けた時の美しさもまた、紙の特性だと考えている。ただの立体作品制作ではなく、紙の造形変化と光を利用して、紙の美しさをより引き出すことがこの作品の狙いである。光の影響を考慮して画面構成をし、全部で4種の動物(フクロウ、シャチ、ペンギン、リス)を表現した。光を利用した写真表現。立体物の平面化。

今回素材として、光を受けた時に滑らかで美しい影を落とすケント紙を選んだ。 タイトル文字に使用しているホワイトピーチケントは、特に細かい作業で重宝した。手に馴染む質と厚みの紙でとても扱い易く、1文字1文字隅々まで思い通りの線を描くことを可能にした。(嶋田瑠美子さん)
デザイン・制作
嶋田 瑠美子
関連イベント

2012年度多摩美術大学美術学部卒業制作展・大学院修了制作展

会期
2013年3月20日(水)~23日(土) 10:00~18:00(最終日15:00まで)
会場
多摩美術大学八王子キャンパス 東京都八王子市鑓水2-1723
詳細
多摩美術大学ウェブサイト

関連キーワード

シェアする

関連記事

IF OFFICE

総統府建築百年記念切手フォルダ

宇平剛史

YUIMA NAKAZATOのインビテーションと紙製ファイル

Graphic Thought Facility

Gagosian Gallery 展覧会図録