2016.03.14

idograph

miura NAIL CLINIC 2016春のディスプレイ

グラフィックデザインの他に紙を使ったディスプレイ等も手がける、idographさんにご用途をおしえていただきました。

用紙
里紙 梅、うり、やまぶき 四六判Y目 70kg
用途
ウインドウディスプレイ
選んだ理由
通年担当しているネイルサロンの春用ディスプレイです。造作としてはシンプルな作りなので、微妙な色で変化を加えたいと思いました。カラー展開の豊富な「里紙」から春らしい色を選んだところ、和菓子のような優しい雰囲気が出せました。紙厚を薄めにしたので加工もしやすく、ふんわりとした仕上がりになりました。(idographさん)
印刷加工
断裁、折り
デザイン・制作
idograph
井手久美子、河野伊央

関連キーワード

シェアする

関連記事

IF OFFICE

総統府建築百年記念切手フォルダ

宇平剛史

YUIMA NAKAZATOのインビテーションと紙製ファイル

Graphic Thought Facility

Gagosian Gallery 展覧会図録