2017.06.06

田中千絵

代官山蔦屋書店開催 田中千絵フェア「紙の森」特製レターセット「森」

グラフィックやイラスト、プロダクト、アートなど幅広い分野で活動を行う田中千絵さんにご用途をおしえていただきました。

用紙
便箋
レザック66 うす緑 四六判Y目 100kg
クロマティコA-FS スプリンググリーン 640×920mmT目 59kg
マーメイド もえぎ 四六判Y目 70kg
タント N-62 四六判Y目 70kg
OKゴールデンリバー70 グリーン 四六判 Y目 70kg 薄口

封筒
竹尾デザイン封筒よりセレクト
洋長3封筒 ビオトープGA-FS フォレストグリーン
洋長3封筒 NTラシャ 緑
スクエア封筒 クロマティコA-FS スプリンググリーン
洋2封筒 NTラシャ 黄緑
洋2封筒 モフル シトロン
用途
レターセット
選んだ理由
代官山蔦屋書店さんの〈BOOK BOX〉でフェアを開催させていただくことになりました。
テーマは「紙の森」です。

フリーペーパー『mammoth』の企画で制作したファンタジーの「紙の森」をブックフロアに出現させるのですが、その森は、竹尾さんで扱う、上質なファインペーパーで作ります。このフェアのための紙グッズを用意したいね、ということになり、森をテーマにして色彩を選び、レターセットに仕上げました。

封筒は竹尾さんのデザイン封筒からセレクト、便箋の紙選びは私のイメージで広げました。森の深い緑色は「ビオトープGA-FS フォレストグリーン」に設定、封筒にしました。レターセットなので、白に近い色もあったほうがいいので、トップは「レザック66 うす緑」こちらは便箋に。緑の中間のグラデーションは色のバランスで選んでいきました。葉の透明感は「クロマティコ」、「モフル シトロン」はグリーンの強調の役割も担っています。

インナージャケットの裏面は、切り取ると森の型紙になるようにデザインしました。この型紙に沿って縁をカットした便箋をずらしながら重ねると、森の便箋になります。組み合わせは自由自在、自分だけの森を作ることができます。ぜひ、ご友人に素敵な森を送ってみてくださいね!(田中千絵さん)
デザイン
田中千絵 (Chie Tanaka)
販売価格
500円+税
便箋5種各2枚、封筒5種各1袋、型紙1枚
関連イベント

田中千絵フェア 「紙の森」

会期
2017年6月6日(火) ~7月2日(日)  7:00~翌2:00
会場
代官山 蔦屋書店
2号館 1階ブックフロア
渋谷区猿楽町17-5
TEL 03-3770-2525
概要
代官山 蔦屋書店 公式サイトより引用
毎月、今注目のクリエイターをご紹介している箱の様な本棚<BOOK BOX>。
6月はデザイナーの田中千絵さん。

フェアのテーマは「紙の森」。フリーペーパー『mammoth』の企画で制作された、ファンタジーの森が、デザインフロアーに出現します。使用される用紙は、竹尾のファインペーパー。田中さんの近作のご紹介の他、新刊「紙と日々、」や、普段は多摩エリアでしか販売されていない「Tama Wedding Box」。また、今回のフェア限定の「紙の森レターセット」を販売致します。

美い色彩の紙の森をかき分けると、作品が現れるという楽しい仕掛けも!
どうぞたっぷりと、田中千絵さんの森に迷い込んでみてはいかがでしょうか。
詳細
代官山 蔦屋書店 公式サイト