2019.02.13

星素子

言葉アート活版作品

タテ・ヨコ・ナナメ…自由に漢字を感じる言葉のアート「素ことば」(視覚詩/コンセプチュアルアート)を開発・制作されている言葉アーティストの星素子さんに、ご用途をおしえていただきました。

用紙
アラベール ホワイト 四六判Y目 200kg
用途
活版作品(はがきサイズ)
選んだ理由
しぜんな竹の風合いが好みで長年活版作品づくりに使用していたタケバルキーGAが生産終了となり、新たにアラベールで作品をつくりました。アラベールは凹凸のある活版との相性がよく、活字文字ならではの力強さや擦れなども詩情豊かに表現できると思います。目にした時、手にした時に、温度(あたたかみ)のある存在感が伝わることをめざして、この紙を選びました。(星素子さん)
印刷加工
活版印刷
デザイン・制作
言葉アーティスト 星素子(SunFaceJapan.)
関連情報
星素子さんの作品「目黒 素ことば」(ステンレス製)が、目黒駅前エリア「目黒セントラルスクエア森の広場」にパブリックアートとして恒久展示されています。

一般公開
2018年1月~(常設)

作品名
目黒 素ことば

展示場所
目黒セントラルスクエア森の広場(目黒駅徒歩1分)
品川区上大崎3-1-1

銘板メッセージ
環境と調和する あなたの今を 漢字で感じて 言葉アート 星素子

関連ブログ
あの紙、この紙 過去の紹介記事 2013.04.15

関連キーワード

シェアする

関連記事

IF OFFICE

総統府建築百年記念切手フォルダ

宇平剛史

YUIMA NAKAZATOのインビテーションと紙製ファイル

Graphic Thought Facility

Gagosian Gallery 展覧会図録