2019.04.10

関本明子

「草花木果」パッケージ

アートディレクター・グラフィックデザイナーの関本明子さんにご用途をおしえていただきました。

用紙
(写真1~3枚目)
気包紙 U-FS ディープ ラフ L判Y目 255㎏

(写真4~5枚目)
気包紙 U-FS ミディアム ラフ L判Y目 295㎏
用途
パッケージ
選んだ理由
「草花木果」は植物などの自然の成分をふんだんに使用したスキンケア商品なので、手に触れるパッケージも自然の温かみを感じさせる手触りにしたいと考えました。また、配送時や店頭に並んだ際の汚れや衝撃などに対しての強さも必要と感じたので「気包紙 U-FS」を選びました。
白いパッケージは「気包紙 U-FS ディープ ラフ」で質感を優先し、全面印刷のパッケージはディープ ラフに比べ印刷適性の高い「気包紙 U-FS ミディアム ラフ」を選んで発色などを優先していますが、同じ銘柄のため、ブランドとしての統一感を持たせることができました。(関本明子さん)
印刷加工
オフセット印刷
デザイン
関本明子
取扱店
草花木果 オンラインショップ

関連キーワード

シェアする

関連記事

長澤昌彦

原木椎茸 isao茸 パッケージ

株式会社 Bo Project.

Hacohashi

YANMAR×沢の鶴

沢の鶴 大吟醸酒『X01』