2019.04.12

美篶堂

谷川俊太郎詩集『私たちの文字』

高度な要求に熟練した技と創意で応える手製本工房、美篶堂(みすずどう)さんにご用途をおしえていただきました。

用紙
本文 ヴァンヌーボV スノーホワイト 四六判Y目 130㎏
見返し 羊皮紙 白 四六判Y目 110㎏
表紙 やわらがみ 楮 未晒 菊判Y目二方耳月 27㎏ を、
   里紙 きなり 四六判Y目 70㎏ で裏打ち
用途
書籍
選んだ理由
本づくり協会が発行する会報誌『Book Arts and Crafts』の企画から生まれた詩集です。書体設計家の鳥海修さんが谷川俊太郎さんのために書体をつくり、それを受けて谷川さんが書き下ろした詩が「私たちの文字」です。印刷は嘉瑞工房で何種類かの紙で試し刷りをし鳥海さんに見ていただきました。「文字の細いところと太いところの表情が豊かに出ている」ということで、ヴァンヌーボVが選ばれました。(美篶堂 上島明子さん)
印刷加工
活版印刷、手製本
書籍情報
谷川俊太郎詩集『私たちの文字』(限定450部)

詩 谷川俊太郎
書体設計 鳥海 修 
活版印刷 嘉瑞工房 
製本 美篶堂 
監修 本づくり協会

定価 8,000円+税

関連書籍
『本をつくる 書体設計、活版印刷、手製本――職人が手でつくる谷川俊太郎詩集』
「私たちの文字」の制作過程を記録した一冊です。
発行:河出書房新社(1,998円)
使用紙:カバー NTラシャ 銀鼠 四六判Y目 100kg
    帯   クラフトペーパー グロスホワイト ハトロン判T目 108kg
関連イベント

『本をつくる 書体設計、活版印刷、手製本――職人が手でつくる谷川俊太郎詩集』 刊行記念展

会期
4月9日(火)-4月14日(日)
13時-20時(最終日18時迄)月曜定休
会場
森岡書店 銀座店
東京都中央区銀座1-28-15 鈴木ビル1階
03-3535-5020
概要
●書籍と活版印刷の詩集『私たちの文字』(『本をつくる』と合わせたブックケース
入)の展示販売。
●鳥海修氏の新書体「朝靄」の原字や、高岡昌生氏の金属活字組版、撮影の高見知香
氏の写真パネルの展示。
●著者達愛用のステーショナリーの限定販売等。


■高岡昌生ギャラリートーク
日時:4月11日(木) 18時30分-19時30分
定員:15名 参加費:1000円 ※満席

■鳥海修トークイベント 対談 永岡 綾
日時:4月14日(日) 15時-16時30分(14時30分開場)
参加費:1500円
参加希望の方は森岡書店までお電話にて申込ください。

関連キーワード

シェアする

関連記事

長澤昌彦

『水天のうつろい』装幀

森山大道

『東京ブギウギ』

ビーナイス

『bの言葉』