2019.06.14

長澤昌彦

『水天のうつろい』装幀

グラフィックデザイナーの長澤昌彦さんに、ご用途を教えていただきました。

用紙
表紙 い織り スモークホワイト 四六判Y目 170kg
見返し サガンGA キャメル 四六判Y目 100kg
扉 アートドリープ はっぱ 四六判Y目 35.5kg
用途
書籍
選んだ理由
私が装幀をした『水天のうつろい』は、著者の岡田ユアンが自身の子供をうみ出す前後の時間を綴った詩集である。「水天」は仏教における水の神様で、日本では安産・子授けの神様として知られている。詩集の表紙は、永遠の時を持つ宇宙に一筋の水が流れ新たな時間が始まることを示唆している。ファインペーパー い織りの静かな和のテクスチャーが、ブロンズインクで刷られた水面に浮かび上がり、スモークホワイトの偏りのないニュートラルな色調が空間を際立たせる。新しくうみ出された言葉たちを、フランス装に想を得た繊細な造本で包んだ。(長澤昌彦さん)
印刷加工
オフセット特色1C印刷、抜き加工
書籍情報
『水天のうつろい』

2017年11月21日発行
著者:岡田ユアン
装幀:長澤昌彦
発行:株式会社らんか社
編集:一色真理(モノクローム・プロジェクト)
印刷:電算印刷株式会社
製本:株式会社渋谷文泉閣
定価:2,800円+税

関連記事

IF OFFICE

総統府建築百年記念切手フォルダ

宇平剛史

YUIMA NAKAZATOのインビテーションと紙製ファイル

Graphic Thought Facility

Gagosian Gallery 展覧会図録