2019.07.24

秋山美歩

紙の動物たち

美術館での展示や、商業施設のディスプレイを中心に、紙の立体造形を製作されている秋山美歩さんにご用途を教えていただきました。

用紙
写真1枚目「Christmas Time」
マーメイド 四六判Y目 153kg 黄色、ひはだ、ベージュ、くるみ、象牙、青緑、緑、赤
藤、ぼたん、グレー6
写真2,3枚目「JINBEI」ジンベイザメ
NTラシャ 四六判Y目 130kg 鉛、ナチュラル
写真4枚目「ミツバチ」
マーメイド 四六判Y目 153kg ナチュラル、ひはだ、黄色、ベージュ 
写真5枚目「Paper Rooster」ニワトリ
マーメイド 四六判Y目 153kg ベージュ、しろ砂、ナチュラル、黄色 
用途
紙造形作品
選んだ理由
彩色しないため、色によって紙の種類を使い分けています。マーメイドは特に茶色から白までの色数が充実していて、欲しい色を見つけることができます。凹凸があり温かみのある紙は動物たちの肌にぴったりです。(秋山美歩さん)
加工
手作業による切り、折り、貼り
デザイン・制作
秋山美歩
展示場所
山梨県 富士川クラフトパーク 切り絵の森美術館(常設)
SNS
Twitter:@Mihoome_akiyama
Instagram:mihoome_paper_studio
Facebook:@Mihoome
関連イベント

ワークショップ「ワニのペーパークラフトを作ろう」(小学生)

会期
2019年8月4日(土)13:30~
会場
NHK文化センター西宮(阪急西宮ガーデンズ5F)

関連キーワード

シェアする

関連記事

IF OFFICE

総統府建築百年記念切手フォルダ

宇平剛史

YUIMA NAKAZATOのインビテーションと紙製ファイル

Graphic Thought Facility

Gagosian Gallery 展覧会図録