2020.08.11

Paper Parade (守田篤史 和田由里子)

バウハウス「アルトゥール・シュミット印刷思考の分析」

紙と印刷の新たな価値を生み出すことを試みるデザインチーム「Paper Parade」さんに、ご用途をおしえていただきました。

用紙
(写真2、3枚目)
印刷物
ビオトープGA-FS コットンホワイト 四六判Y目 90kg

背景台紙
ビオトープGA-FS ストーングレー 四六判Y目 90kg
用途
美術品
選んだ理由
本作品は、バウハウス100周年を記念した巡回展「開校100年 きたれ、バウハウス ―造形教育の基礎―」のために制作し、アルトゥール・シュミット印刷思考の分析を活版印刷を用いてグラフィック表現に落とし込んだ。100年の時を超えてバウハウスの思考を表現するために、約100年前に印刷されたアルトゥールの作品に向き合い、思考し、試行錯誤しながら表現した。
そして本作品が100年先に繋がっていくことを考え、クラフト紙由来の強度のあるビオトープGA-FSを採用した。ビオトープGA-FSはこれまでも作品制作の中で実験してきており、破けや活版印刷や加工とも相性が良い。バウハウスミュージアムに寄贈し、長く保存される作品を印刷するにはビオトープGA-FSこそがふさわしい。
この作品は、100年の歴史に向き合い、100年先の未来を想像していく。(Paper Parade 守田さん)
印刷加工
紙活字による活版印刷(Papertype)
デザイン・制作
クリエイティブディレクション/プリンティングディレクション
守田篤史(Paper Parade)

アーティスト
和田由里子(Paper Parade)
関連イベント

「開校100年 きたれ、バウハウス ―造形教育の基礎―」

会期
2020年7月17|金|ー9月6日|日|
10:00-18:00 月曜休館
※8月31日は開館
※金曜日は20:00まで開館
※入館は閉館の30分前まで
会場
東京ステーションギャラリー
〒100-0005
東京都千代田区丸の内1-9-1
03-3212-2485

※入館チケットはローソンチケット(Lコード31523)販売のみ。
受付では購入できません。
概要
本展では、バウハウスの各教師たちのそれぞれの授業内容を見て感じることができるように、数々のデザインが生まれる土台となった基礎教育を展示の柱とし、バウハウスの各工房で繰り広げられたバウハウスの教育の豊かな成果と広がりをご覧いただきます。また、「総合の位相」や「バウハウスの日本人学生」といったテーマでバウハウスの活動に光をあてます。
詳細
bauhaus100 japan 公式サイト

関連キーワード

シェアする

当社では、当ウェブサイト(takeopaper.com)を快適にご利用いただくため、また、当サイトがどのように活用されているかを当社で詳しく把握するためにCookieを使用しています。「同意する」ボタンを押していただくか、引き続き当サイトをご利用いただいた場合、上記の条件に同意いただいたものと見なします。Cookieの取り扱いについては、「お客様の個人情報のお取り扱いについて」にも記載されていますのでご参照ください。