紙を探す

検索する

条件から探す

竹尾ミニサンプルの
カテゴリーから検索

検索する

用途から選ぶ

紙製品を探す

加工をオーダーする

書籍を購入する

各種見本帳を購入する

名刺

トップ > 用途から選ぶ > 名刺

名刺は、人と人との出会いを繋ぐ大切なコミュニケーションツール。美しいデザインだけでなく、手渡された時に感じる手触りや色合いといった“紙の力”も、社風や人柄を印象付ける大きなポイントです。約9,000商品のファインペーパーから、用途やイメージに合った1枚をお選びください。

 

白い紙を使う

白い紙と言っても、温かみを感じる白色、すっきりとした白色等々、さまざまな色合いがあります。また、表面の質感によっても印象が変わります。企業の名刺では平滑でコシのある紙や、環境に配慮した紙が好まれます。パーソナルユースの名刺やショップカードには、表面にさりげないエンボスが施された紙を選ぶと上品です。

ルミネッセンス

ルミネッセンス

厳選した原料から生まれる、究極の白い紙。気品のある輝く白「マキシマムホワイト」と、自然で清楚な白さを求めた「ニュートラルホワイト」の2色からお選びいただけます。

購入する
アラベール

アラベール

優しい手触りと自然な風合いを持つファインペーパー。名刺の他にもDM、パッケージ、パンフレット、書籍、タグなど幅広い用途で好まれています。

購入する
パミス

パミス 

軽石に似た、非常に細かな凹凸が施されたファインペーパー。ソフトな肌合いですので、名刺として受け取った時に、柔らかな温かみを感じます。

購入する

ページトップヘ

色紙を使う

ファインペーパーは、色、柄、エンボスパターンの豊富なバリエーションが特徴。同じ銘柄の色違いを作って、シチュエーションや相手に応じて使い分けるなどされる方もいらっしゃいます。なお、インクジェットプリンタやレーザープリンタで出力する場合、濃色の紙は印字がはっきりと認識できなくなりますのでご注意ください。

NTラシャ

NTラシャ

1949年に発売した国産ファインペーパーのパイオニア。緻密で温かな質感です。厚み・色数ともに充実のラインナップです。

※2014年7月、「キクラシャ」「ベルクール」「エキストラブラック」を統合し、リニューアルいたしました。

購入する
タント

タント

微妙な色感と質感を表現。体系的なカラーシステムを採用し、豊富な色数を揃えたファインペーパーです。

購入する
オーディス

オーディス

上品さ漂う千鳥格子模様を伝統的な手法で再現したファインペーパー。オーディス(EAU DOUCE)とはフランス語で水の精を意味します。

購入する
里紙

里紙

自然の温もりとやさしさを感じさせる、素朴な味わいのファインペーパーです。どこか和を感じさせる落ち着いたトーンが魅力です。

購入する

ページトップヘ

コットンペーパーを使う

欧米では古くよりステイタスとして、コットンペーパーが名刺などのステーショナリーに使用されています。コットンパルプを配合した紙は柔らかく、あたたかな風合いが特徴です。凹凸のある版を使い、圧力をかけて文字を印刷する活版印刷と相性の良い紙でもあります。

クレーンレトラ

クレーンレトラ

コットン100%のファインペーパー。風合い豊かなやわらかな手触りが魅力。コットンのやわらかさと強度をあわせ持ち、活版印刷、空押し、浮き出し加工、箔押し等を美しく仕上げます。

購入する
グムンドコットン

グムンドコットン

コットン100%のファインペーパー。上質な手触りと、ホワイト、グレー、ブルー系2色の色展開が魅力。
コットンのやわらかさと強度をあわせ持ち、活版印刷、空押し、浮き出し加工、箔押し等を美しく仕上げます。

購入する
ロベール

ロベール

コットン65%以上配合のファインペーパー。ソフトで温かな肌合いと自然な素材感を持つ高級印刷用紙です。

購入する
グムンドカシミア-FS

グムンドカシミア-FS

ふっくらとしたカシミアの風合いを再現した、手漉き風の高級紙です。

購入する

ページトップヘ

名紙に使う紙のサイズ・紙の流れ目

日本で最も一般的に使われている名刺の寸法は91×55mmです。

最近では海外での使用も考えて、よりスマートな欧米サイズ89×51mmも増えています。 全紙からご希望のサイズに断裁してお求めください。

紙の流れ目はT目(縦目)に仕上がるように断裁していただくと、手にしたときにハリのあるしっかりとした印象になります。

 

紙の流れ目とは・・・・紙には繊維が流れる方向があり、これを流れ目と呼んでいます。

             流れ目には、T目(縦目)とY目(横目)があります。 

             T目(縦目)・・・紙の長辺に沿って平行に紙の繊維が流れる
             Y目(横目)・・・紙の短辺に沿って平行に紙の繊維が流れる

ページトップヘ

名紙に使う紙の連量(厚さ)

四六判で135~180kg程度が一般的です。

名刺入れに枚数をたくさん入れておきたい場合は135kg程度を、重厚な印象を与えたい場合は180kg以上をお選びいただく方が良いでしょう。

ページトップヘ

名紙に使う紙の印刷・出力

1.ご自身で出力する

インクジェットプリンタやレーザープリンタで出力する場合は、プリンタマニュアルをよくご確認ください。名刺サイズでは出力できない機種があります。その場合は、A4サイズなどに面付けして出力し、カッター等で切り取ってください。

2.印刷会社に依頼する

印刷会社に依頼する場合は、事前に以下の点を必ずご確認いただき、先方とよくご相談の上でご購入ください。

  • 用紙の持ち込みが可能かどうか
    印刷会社で用意している用紙以外は受け付けられない場合があります。
  • 希望の用紙での印刷が可能かどうか
    銘柄によっては印刷が難しいものや、向かないものもあります。
  • 納入する際の寸法について
    印刷会社によって印刷機に掛ける際の用紙寸法が異なります。



 

オススメの紙を用途別にご紹介

 

封筒・便箋 ハガキ ラッピング クラフト・ホビー 写真・イラストの出力

 

ページトップヘ