紙を探す

検索する

条件から探す

竹尾ミニサンプルの
カテゴリーから検索

検索する

用途から選ぶ

紙製品を探す

加工をオーダーする

書籍を購入する

各種見本帳を購入する

トップ > 紙の基礎知識 > 紙の流れ目

紙の流れ目

紙は、抄紙機(紙を抄く機械)でパルプを一定方向に流しながら製造されるため、進行方向に繊維が揃いやすく「紙の流れ目」ができます。流れ目は、印刷などの加工を施す上で大変重要なものです。

イラスト

紙の縦目(T目)と横目(Y目)

縦目イラスト 紙の長辺に沿って平行方向に繊維が流れている紙を縦目(T目・タテ目)の紙といいます。流れ目が縦目の場合は、寸法を788×1091mmと小さい方の数字を先に表記します。 横目イラスト 紙の短辺に沿って平行方向に繊維が流れている紙を横目(Y目・ヨコ目)の紙といいます。流れ目が横目の場合は、寸法を1091×788mmと大きい方の数字を先に表記します。

紙はひとつのライン上で製造され、一度巻き取られます。巻き取られたロールの状態では常に紙の目の方向は一定ですが、シート状(平判)に紙を切る時に縦横どちらの向きでカットするかによって縦目と横目の違いがでてきます。

イラスト

流れ目の特性と紙の伸縮

紙の流れ目は使用する用途によって大きく関係するので、きちんとその特性を把握することが重要です。 流れ目は下記のような紙の特性に影響します。

イラスト

また、紙は湿度によって紙内部の繊維が膨潤したり収縮したりすることで流れ目と垂直方向に伸縮することがあります。そして、紙の表裏の伸縮度合の差により紙が反ってしまうという現象が起こり得ますが、下図のように流れ目と平行方向に反りやすくなります。 そのため紙を保管する場合、その保管する環境の湿度管理に注意が必要です。

イラスト

紙の流れ目の使用例

一般的な使用例を目的別に紹介します。
ニーズによって、あえて逆目(一般的な使用法とは逆らう流れ目)にすることもあります。

ページトップヘ

ページトップヘ