紙を探す

検索する

条件から探す

竹尾ミニサンプルの
カテゴリーから検索

検索する

用途から選ぶ

紙製品を探す

加工をオーダーする

書籍を購入する

各種見本帳を購入する

よくある質問

kg

kg(キログラム)は紙の厚さの目安となる、連量と呼ばれる単位の表示です。

ある規定の寸法に仕上げられた紙1,000枚のことを1連(1R)と呼びます(板紙の場合、100枚で1ボード連・1BR)。この1連の紙の重量が連量です。
基本的に、同じ全紙寸法の紙を比較した時は、連量が軽い紙は薄く、連量が重い紙は厚くなります。ただし、同一連量の表記でも銘柄が異なれば、密度の高い引き締まった紙は薄く、密度の低いふわっとした紙は厚くなります。
また、同一銘柄で厚みが同じでも、全紙の面積が大きくなれば連量も高くなります。同じ厚みの紙でも四六判だと110kgの紙が、菊判だと76.5kgと表記されるのはこのためです。

解決しましたか?

他にご質問があれば、お問い合わせより、お気軽にお問い合わせください。


よく見られているご質問

質問を探す

検索する