紙を探す

検索する

条件から探す

竹尾ミニサンプルの
カテゴリーから検索

検索する

用途から選ぶ

紙製品を探す

加工をオーダーする

書籍を購入する

各種見本帳を購入する

トップ > 紙の基礎知識 > 紙の規格・寸法

紙の規格・寸法

流通している紙には様々な規格(サイズ)が存在しています。
takeopaper.comにてお買い求めいただける「全紙」とは、製紙メーカーから流通されるシート状の大きな紙(原紙)のことです。用途によって選択できるよう、原紙寸法には四六判や菊判などの種類があります。一方A4など一般的に馴染みのある仕上がり寸法は、原紙を断裁して仕上げられたものです。原紙寸法も仕上がり寸法も、JIS規格によって定められています。

■JIS規格による主な原紙寸法

主な洋紙の原紙の規格・寸法

四六判   788×1091
B列本判   765×1085
菊判   636×939
A列本判   625×880
ハトロン判   900×1200

(単位:mm)

主な板紙の原紙の規格・寸法

L判   80×110
K判   64×94

(単位:cm)


(単位:mm)

■JIS規格による主な仕上がり寸法

    A列   B列
0   841×1189   1030×1456
1   594×841
(A全)
  728×1030
(B全)
2   420×594   515×728
3   297×420   364×515
4   210×297   257×364
5   148×210   182×257
6   105×148   128×182
7   74×105   91×128
8   52×74   64×91
9   37×52   45×64
10   26×37   32×45

(単位:mm)

JIS規格による仕上がり寸法にはA列とB列があります。そしてそれぞれに続く数字が1つ増すごとにその半分の寸法になります。このとき、縦と横の比率は1:√2(約1.4)の関係となっており、1枚の原紙寸法より効率よく紙を使うことができるように設定されています(上図参照)。

ページトップヘ

ページトップヘ